本嫌いの読書

【2021年最新版】Audible(オーディブル)は返品や交換が可能!やり方や条件、注意事項を解説

Audible(オーディブル)は読書が苦手な人でも手軽に使える『聞く読書』のオーディオブックサービスです。

ただ、月額1,500円(税込)と決して安くはなく、読み放題サービス(サブスク)ではないためイマイチ興味が持てない内容だったらどうしようと心配ではないですか?

実はAudibleは返品・交換が可能なので安心して利用可能です。

ゆず

私はこの返品も利用して、安定して月に10冊以上本を読んでいます。

 

そんなAudibleの返品・交換のやり方や、返品条件、注意事項のご紹介です。

この記事でわかること
  • Audibleの返品の条件
  • 返品・交換のやり方
  • 返品する際の注意点

 

Audible(オーディブル)の返品が本当にできるのか心配な人は、ぜひ参考にしてください。

Audible(オーディブル)とはAmazonの『聞く読書』サービス

Audible(オーディブル)とはAmazonが提供しているオーディオブックサービスです。

プロのナレーターが朗読する40万冊の書籍を耳で楽しめる『聞く読書』として注目を集めています。

 

ダウンロードしておけばオフラインでも聴けるので、出勤時間などのスキマ時間を有効活用できるため人気です。

Audible(オーディブル)は聞き放題サービス(サブスク)ではありませんが、無料体験に申し込むと1コインが付与され、1コインにつき1冊の本が自由に選べます。

無料期間終了後は毎月1,500円(税込)で利用でき、無料期間と同じように1コインが付与されていくスタイルです。

実はこの1コインで自由に選んだ本をAudible(オーディブル)では返品・交換ができます!

その条件や方法が次から書いてあります。

返品の条件

返品の条件について詳しく確認です。

  • 返品ができるのは会員限定
  • 購入から365日まで
  • 体験中でも返品できる
  • 返品回数には制限がある

返品できるのは会員のみですが、無料体験が終わるまでに退会すれば月額使用料はかかりません。

また書店で本を購入した場合は、店頭に現品を持っていく必要がありますが、Audibleなら購入したあとでも、スマホで返品が可能なので簡単です。

それぞれ、詳しく説明します。

聞いた後でも返品・交換ができる

Audible(オーディブル)は読み放題サービス(サブスク)ではありませんが、返品・交換ができます

コイン・クレジットカードどちらで購入しても返品・交換が可能です。

コインで購入し返品した場合はコインが戻ってきて、そのコインを使って別の本を購入するようになっています。

無料体験期間中でも返品・交換が可能

無料体験に申し込むとコインを1つ付与されます。このコインで購入したタイトルも返品が可能です。

返品・交換を繰り返せば月に何冊か読めてしまう…なんてことも可能ですが、購入サポート特典ですので、常識の範囲内にしましょう。

なお、コインには有効期限があり、発行日から6ヵ月以内となっています。

返品は会員限定サービス 

返品は会員特典となっていていますが、無料体験の申込は会員登録が必須ですので返品は可能です。

会員登録後、無料期間終了までに退会すれば月額利用料は発生しません。

うっかり退会を忘れると自動で次の月から月額使用料がかかるので注意が必要です。

ではタイトルを返品したいときは、いつまでに返品すればいいのでしょうか?

返品受付は購入後365日以内 

タイトル購入後、365日以内なら理由を問われずに返品が可能です。

次に返品方法について詳しく解説します。

返品の方法

返品方法はパソコンとスマホとで少しだけやり方が違います。

スマホの場合はブラウザから「パソコンサイト」を開かなければなりません。

ゆず

スマホからパソコンサイトを開く方法も説明していますので安心してください。

具体的な手順をご紹介します。

返品は『Audible』Webサイトから実施する

パソコンから返品ができます。 

Audibleアプリやスマホからは、普通にやっても返品できません。

ですが、スマホからでも返品可能です。

スマホとパソコン、それぞれの返品方法について解説します。

スマホでの返品手順

スマホから返品する場合、Audibleアプリでは返品できません。

safariやChromeのようなブラウザを使いましょう。

こういったアイコンのものです。

これらのブラウザで「Audible公式サイト」を開きます。

※ここでアカウントにサインインしていない場合は、サインインしてください。

safariの場合

1.左上の「ぁあ」をタップ

2.「デスクトップ用Webサイトを表示」

chromeの場合

1.画面の右上、「︙」をタップ

2「PC版サイト」のチェックボックスをタッチ

  

この操作で、パソコンサイトの表示に切り替わります。

あとはパソコンから返品と同じ手順ですので、下記のパソコンでの返品手順を参照してください。

パソコンでの返品手順

1.Audibleにログインします。(スマホからPC画面に切り替えた方はログイン済み)

2.画面の右上にある「〇〇さん、こんにちは!」から「アカウントサービス」をクリックします。

3.画面左の「アカウントサービス」のなかから、「購入履歴(返品)」をクリックします。

4.表示を「注文内容」にします。

5.返品したいタイトルの右にある「返品する」をクリックします。



6.ポップアップ画面で「タイトルを返品しますか?」ときかれるので「返品する」をクリックします。


7.「返品処理が完了しました」と表示されるので「OK」をクリックします。


返品が完了すると登録メールアドレスに「返品処理完了のお知らせ」が届きますので確認しておきましょう。

コイン・クレジットどちらで購入したものでも返品の手順は同じです。

しかし、返品後の処理が違ってきます。

返品後の処理は購入方法によって違う

購入時にコインを使った場合は、コインが返却。

クレジットカードを使った場合は返金されます。

公式ではデビットカード・クレジットカードの場合は処理に数週間かかる場合があると記載があります。カード会社の処理に時間が必要だからです。

返品されたタイトルはライブラリーから自動削除されるため、聴けなくなります。

返品する際の注意点 


PCサイトでないと返金できないのは少し面倒ですが、よくある返品理由などは聞かれません。

だからといって、購入したものを返品しすぎはやめましょう。

どんなときは返品してもいい?

Audible公式サイトでは次のように書かれています。

会員の返品特典について
当会員特典はお客様のご理解の上に成り立っています。
本の貸し出しやオンデマンド(読み放題)制度ではないため、例えば、タイトルを聴いてみたらイメージと違っていた、ナレーターの声になじまなかった場合に返品いただき、改めてお客様に合った作品をご購入いただくことを目的としています。なお、Audibleでは、「サンプルを聴く」の機能がありますので、ご購入の判断にお役立て下さい。

オーディブル公式サイト:会員の返品特典について

私が返品した時は表示されませんでしたが、以前は返品するときに次のような返品理由の選択肢が表示されていたようです。

返品理由
  • 音声に関する問題(音飛びなど)有り
  • タイトルの内容が気に入らなかった。
  • ナレーションが気に入らなかった。
  • 間違って購入した。
  • 紙の本を購入したつもりだった。
  • その他

このような場合、返品が可能です。

試聴や解説、レビューなどをみてあらかじめ内容を確認しておきましょう。

ゆず

目次が購入後でないと見れないのは残念ですが、改良されることを期待したいですね。


目次はライブラリーから確認できます。

ところで、返品は何回まで可能なのでしょうか?

回数制限などを確認してみます。

返品できる回数には制限がある

Audible公式サイトには次のように書いてありました。

ウェブサイトから返品いただける回数に制限があります。

オーディブル公式サイト:会員の返品特典について

つまり、明確な回数制限は明かされていません。

Audible公式サイトには下記のようにも書いてあります。

短期間における過度の返品など本特典の主旨から外れた利用はご遠慮ください。

オーディブル公式サイト:会員の返品特典について

実際に返品された方の情報を調べてみたところ、8回~10回で返品不可と表示されることが多いようです。

なかには2回~3回で表示されたケースもあるのですが、公式サイトでは詳しい条件・上限回数については非公表となっています。

返品できなくなった場合は

「制限回数を超えた場合は、 返品ボタンが表示されず「返品不可(詳細)」と表示されます。」

その場合はカスタマーサービスに問い合わせると返品手続きをしてもらえます。

カスタマーサービスへの問い合わせはメールか電話でしましょう。

メールの場合

返品したいタイトルと返品したい旨を書いて送りましょう。

その際、かならずAudibleに登録しているEmailアドレスから送る必要があります。

電話の場合

8時~22時・年中無休で対応してくれます。

ただ、この電話での返品はオススメしません

なぜかというと、次のことを口頭で伝える必要があるからです。

  • 登録Emailアドレス
  • 氏名
  • 郵便番号・住所
  • 本のタイトル

電話だと面倒ですね…。

一応電話で返品のお願いをするメリットもあります。

返品処理が電話口でされることもあり、コインもすぐ戻ってくる場合があるからです。

メールでは処理されるまで時間のばらつきがあるようなので、急ぐ場合は電話もありですね。

常識の範囲内で利用するように心がける

Audibleの返品は実質制限がないともいえます。

繰り返しになりますが、Audibleは読み放題サービス(サブスク)ではありません。

購入前にレビューを見たり、サンプルの試聴をすることをオススメします。

サービスの趣旨から外れない範囲で利用しましょう。

Audible公式サイトより

会員の皆様に本特典の主旨から外れて利用されているおそれがある場合は、Audibleからお問い合わせをさせていただく場合や、一定期間本特典のご利用の制限をさせていただく場合がございます。 なお、Audibleでは、「サンプルを聴く」の機能がありますので、ご購入の判断にお役立て下さい。

会員の皆様には本特典の目的をご理解いただいたうえでご利用くださいますようお願い申しあげます

オーディブル公式サイト:会員の返品特典について

まとめ:Audible(オーディブル)は返品や交換ができるので安心して利用できる

無料体験で付与された1コインで購入したタイトルも、返品・交換が可能ですので、安心して利用できます。

返品は購入から365日以内となっており、スマホからも返品ができますので、

もしタイトルの内容が合わなければ、返品して他のタイトルを探すことも可能です。

Audibleなら40万冊のタイトルから選べますので、気になっていた本を聴いてみてはいかがでしょうか。

\無料期間中の退会OK/

「聞く読書」のオーディブル

こちらの記事もどうぞ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA